元ドラえもんの声優 大山のぶ代の現在や病状は?旦那が死去や子供は?

<スポンサーリンク>                             

人気アニメ「ドラえもん」の声を

担当していた大山のぶ代さん。

 

mig

 

30代以降の方々は

大山のぶ代さんのドラえもんの声が

とても懐かしいのではないでしょうか。。

 

そんな大山のぶ代さんの

現在認知症の病状は?!

旦那死去子供はいるの?!など

気になる噂の真相について

お伝えいたします。

 

【大山のぶ代のプロフィール】

【生年月日】 1933年10月16日

【年齢】   84歳(2017年時点)

【出身地】  東京都

【血液型】  O型

 

アニメ「ドラえもん」の声優を務め

大人気だった大山さん。

ドラえもん役は

1979年4月~2005年3月までと

26年間演じていました。

 

4rlGQbEyzbgOuzI_hvEam_44

 

声優以外にも女優・歌手・タレントの

仕事もしていましたが、

声優としての大山さんの方が

知名度も高かったようです。。

 

現在認知症の病状は?!

ドラえもんの声優を降板した後、

料理研究家としても活躍し

数々の料理本を出版。

その他、テレビやラジオ出演を中心に

活動していました。。

 

しかし2008年に脳梗塞を患い

その後、自宅で療養とリハビリを行い

仕事を再開できるまで回復したが、

2009年頃から

アルツハイマー型認知症が

発症していることが発覚。

 

病状は自分がドラえもんの

声優をしていたことも

忘れてしまっており、

数分前に言ったこと分からなくなっている。

また、家の中で大便を漏らしても

気が付かない状態だったようです。。

 

現在は賢明な介護をしていた

旦那の砂川啓介さんが尿管がんを患い

その治療のため

大山さんは老人ホームに入所して

生活を送っているようです。。

 

入居した老人ホームで

お友達もでき楽しくやっていると

砂川さんから報告されています。

 

スポンサーリンク

 

旦那死去子供はいるの?!

旦那の砂川さんとは

1964年の結婚。

 

20150813-023-OYTEI50005-L

 

「初代の体操のお兄さん」として

活躍をされていました。

 

賢明な介護生活を送っている中

自身が尿管がんを患い

抗がん剤治療を行いため

大山さんを老人ホームへの

入居を決意。

 

まずは自分の病気を完治させるため

治療に専念することにしました。

 

しかし、7月11日

帰らぬ人となってしまった砂川さん。

自身も病気にも関わらず

大山さんのことを気にされていたようです。

 

深い夫婦愛を感じますね・・

 

また気になる子供についてですが、

大山さんの身体は妊娠しにくい身体で

一度死産をされていました。

また次に妊娠した際、母体が危ないと

言われ、子供を諦めたそうです。。

 

子供が欲しくてもできなかった

とても辛かったことでしょう。

 

ということで今回は

大山のぶ代さんでした。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です